債務整理後に住宅ローンを組みたい!

何らかの事情によって債務整理を行わなければならなくなったけれど、その後はしっかり完済して借入等もしなくなった。しかし、住宅を購入することになり、ローンを組みたい!過去に債務整理をしているとブラックリストに載っているため、借入できないのではないか…と不安に思っている方が多いようです。
現在の収入状況にもよりますが、きちんと債務整理後に完済していれば住宅ローンを新たに組むことができる可能性が大きいです! 

下記より債務整理後の住宅ローンについて詳しくご説明いたします。

ブラックリストの名前は消える

自己破産、任意整理、個人再生など債務整理を行うとブラックリスト(事故情報)に名前が記載されます。しかし、完済後5年経過するとそこから名前は消えることになっています。
したがって、 債務整理を行ったことが分かるのは、ご自身と借入先の金融機関になります。
住宅ローンなど借入れを行う際に最も重要になるのが信用情報です。ブラックリストに登録がある状態では信用に欠けてしまいます。まず、完済後5年経過していることは重要になります。


借入先金融機関及びそのグループ機関からの借り入れは難しい 

債務整理を行った際の借入先金融機関とそのグループ機関からの借り入れは難しいと思ってください。
ブラックリストは完済後5年で登録は削除されますが、各金融機関は独自で10年ほど事故情報を持っていると言われています。したがって、完済後10年経過していないのに同じ金融機関およびそのグループ機関で住宅ローンの申請を行っても受理されない可能性が非常に高いです。

 

自分の信用情報を見てみよう 

自分の信用情報は、簡単な申請で閲覧することができます。
閲覧したい場合には、指定信用情報機関に開示申請を行うことで見ることができます。
もし、完済後5年経過したのにブラックリストに記載されているなど誤った情報が載っていた場合には、きちんと訂正しておく必要があります。
住宅ローンを新しく組む前に、債務整理を過去に行ったことがある方は自分の信用情報を確認しておいた方が良いでしょう。