住宅ローンのリスケ(リスケジュール)とは

住宅ローンのリスケジュールとは、債権者が借入先の金融機関に対して既存の返済計画(契約)の見直しを要請し返済額の減額据え置き期間の導入などによって、債務返済の繰り延べをしてもらうことです。通常、リスケと言います。

本来、住宅ローンの返済は契約時に返済計画を決めているものであるため、借入先の金融機関等が簡単に応じてくれるようなものではありません。したがって、ご自身で要請するには難しいアプローチになります。

金融機関等によっては、滞納分をまず一括で納めてからでないと対応に応じてくれなかったり、現在の収入状況などを調べられます。
最近は、不景気の流れを受けて、住宅ローンのリスケに応じてくれる金融機関等が増えています。ただし、あくまで返済期間の延長や月々の返済額を抑える等の対応であり、返済の総額が減額されるわけではありませんので注意しましょう。

このうえで、最低限、抑えるべきポイントは下記のとおりです。

  • 事前に、金融機関に相談をする。(連絡なしでの相談はNGです)
  • 現状の支出と支払いを簡潔にまとめておく。
  • 返済可能な現実的な返済計画案を作成しておく。

 

公的金融機関である住宅金融支援機構からの借り入れの場合には、下記のような返済方法の変更ができます。

 

kouko.PNG

 

※住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)より

これらをもとに、返済中の金融機関に相談して、審査を依頼し、それが通ればリスケが可能となる場合があります。
まずは、金融機関に早期にご相談されることをお勧め致します。手遅れになるまで引っ張ってしまうと何もメリットはありません。

 

すでに、返済が滞っている方は、早急に専門家に相談しましょう!

 

 

 

もっと詳しく調べたい方はコチラをご覧ください▼▼

■ 宅ローンの問題
■ 住宅ローンのリスケジュール
■ 住宅を手放さない個人再生
■ 住宅を残すためには 
■ 債務整理後の住宅ローン

 

■ 債務整理 4つの方法
■ ブラックリストとは
■ 過払い金請求とは
■ 任意売却とは
■ 競売とは