HOME > 個人再生|大阪堺任意売却相談センター > 個人再生において必要な書類

個人再生に必要な書類個人

個人再生申立時に必要な書類

・申立書
債権者一覧表
・収入一覧表
・主要財産一覧表
・添付書類
住民票、戸籍謄本、源泉徴収票(サラリーマン等の場合)、確定申告書(事業者等の場合)、通帳のコピー
※ 必要な書類は事案によって変わることがあります。

 

再生計画の認可要件として、再生計画に基づく返済総額が、破産となったときの配当総額を上回らなければならないことが挙げられます。主要財産一覧表は、破産手続きをとった場合に、どれだけ配当が可能かを計算するために使用します。

債権者一覧表には、概算額と、将来異議を述べることがあるという内容を記載します。こうすることにより、再生手続き開始決定後の債権調査で記載額を下回ることがわかった段階で、裁判所に対して異議を述べることができます。
債権者一覧表を提出する際には、一覧表に全ての債権者を記載します。銀行や消費者金融だけではなく、親戚や知り合いについても全て書かなければなりません。一部の債権者を故意に省いたことが判明すれば、個人再生の開始決定が出なかったり、再生計画が認可されなかったりします。

通帳のコピーは、全ての通帳の表紙と全ページが必要です。たとえ残金ゼロの口座でもコピーしてください。コピーする前に、銀行に行って記帳しておきましょう。
通帳をなくしてしまった場合は銀行で過去の履歴を出してくれるよう依頼し、取引履歴が記帳されていなければ、過去の履歴を出してくれるように依頼する必要があります。

 

個人再生について

個人再生に関するQ&A