HOME > 個人再生|大阪堺任意売却相談センター > 個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

ここでは、個人再生のメリット・デメリットをご説明いたします。

個人再生のメリット

・マイホームを手放すことなく、弁済計画の履行が可能である
・100万円程度にまで負債額を減額できる可能性がある
・住宅ローン以外の債務を法的に減額できる
・借金の原因をめぐって申請が下りないことがほとんどない(ギャンブルや浪費の場合も利用できます)
・職務上の資格などを失うことがない
・住宅ローンの返済スケジュールを変更できる
・支払いや差し押さえを止めることができる

 

個人再生のデメリット

・手続きが長期にわたる 
・特別扱いされるのが住宅ローンのみで、その他のローンは全て対象にされてしまう
・原則3年で返済しなければならない
・手続きが複雑で、費用がかかる
・手続きが認められなければ、自己破産に移行される場合がある
・住宅ローンの返済額は減額されない
・一定期間(5~7年)新たな借入れはできなくなる 
・信用情報機関(ブラックリスト)に一定期間登録される
・官報に掲載される

 

個人再生について

個人再生に関するQ&A