個人再生とは

ここでは、個人再生についてご説明いたします。

個人再生とは、2001年から設けられた制度で、安定した収入が見込め、借入額が5000万円未満であるという条件を満たせば、返済額を大幅に減額することができます。
この減額された金額を3年以内に返済しなくてはなりません。

この個人再生の一番のメリットは、住宅を手放すことなく借入額の返済を進めることができる点です。また、自己破産した場合とは異なり、職務上の資格をはく奪される心配もありません。

個人再生のデメリットとしては、信用情報機関に5年間登録されるため、クレジットカードの使用や新たな借り入れはできなくなります。

 

個人再生について

個人再生に関するQ&A