自己破産に必要な書類

自己破産の申立ての際に必要な書類は、各裁判所によって若干の違いがあります。申立てをされる場合は、管轄の裁判所に問い合わせて確認して下さい。  

必要書類等
・破産、免責申立書
・陳述書
・財産目録
・2ヶ月の家計表
・債権者名簿
・戸籍謄本(戸籍抄本は不可。申立てから3ヶ月以内のもの)
・住民票(世帯全員の写しで省略のないもの。申立てから3ヶ月以内のもの)
・預貯金通帳等のコピー (過去2年分)

場合によって必要となる書類
●給与所得がある方
・源泉徴収票(直近1回分)
・給与明細書(直近2ヶ月分)
無職で生活保護を受けていない方
・非課税証明書(市区町村役場で取り寄せる)
生活保護、年金、扶助を受けている方
・受給証明書
自営業(1年以内にやめた方を含む)
・税金申告書の控え(過去2年分)
会社代表(1年以内にやめた方を含む)
・税金申告書(過去2年分)
・決算報告書(過去2年分)
退職金の支給が見込まれる方
・退職金計算書
自動車、バイクを持っている方
・車検証、登録事項証明書
生命保険に加入している方
・生命保険証書
生命保険に以前加入していた方
・解約払戻金計算書
不動産を所有している方
・不動産登記簿謄本
・固定資産額評価証明書
クレジットカードを持っている方
・すべてのクレジットカード
差押や仮差押をされている方
・裁判所から送付された決定正本 (戸籍謄本・住民票)
・固定資産額評価証明書
・不動産登記簿謄本は原本を提出。それ以外はA4判のコピーで提出。
正直に申告して下さい。
持っている財産のすべてがなくなる訳ではありません。
管轄の裁判所で確認して下さい。
破産の申立てに必要な書類は、裁判所によって若干の違いがあります。