自己破産の手続き

  自己破産は下記のような流れで進められていきます。 

jikohasann.PNG


①相談・依頼→受任
  受任・介入通知で取立てがストップします。

②債務内容の調査・確認
  業者から取引履歴を取り寄せ→債務内容を調査→自己破産の
  方法を取ることが適切かどうか確認。
  適切でないと判断した場合、方針の変更についてご相談します。

③自己破産の申立
  あなたのお住まいを管轄する地方裁判所に申立書を提出します。

④破産審尋・破産手続開始決定
  破産審尋で裁判官から支払不能に関する質問をされます。
  裁判所によって方式は異なりますが、同時廃止の場合には、書面のみか
  審尋が行われないこともあります。
  破産審尋で問題がない場合、裁判所から破産手続開始決定が出ます。


⑤官報に公告
  破産手続を開始したことが官報に公告されます。

⑥免責の審尋・決定
  免責審尋が破産手続開始決定から約2ヵ月後にあります。
  裁判官から免責不許可事由に該当しないか等について質問されます。
  審尋は行われないこともあります。
  問題がなければ、裁判所から免責許可決定が出ます。

⑦官報に公告
  免責決定が官報に公告されます。

⑧免責の確定
  官報公告から2週間後に問題もなく、免責が確定すれば、
  借金が帳消しになります。

⑨再出発!
  借金問題が解消。晴れて人生の再出発です。
  ※自己破産・個人再生の手続きは、司法書士による書類作成支援となります。