自己破産とは

newol01.PNG 自己破産とは、多額の借金などを支払う能力がなくなった状態の人が自ら破産の申し立てをすることを言います。
自己破産手続によって、多額債務者の財産を調査、換価、処分し、債権者全員に公平に分配する事(配当)で、事実上、自己破産者の支払いを免除する事が出来ます。
しかし、生活の再建のために必要な財産は、
原則として99万円を限度として手元に残すことができます(自由財産)

  この他に、換価するほどの財産がない場合には、債権者への配当なしで手続きが終了する、同時廃止という制度があります。

これは、裁判所を通じ、破産者の生活の建て直しや経済的再建を支援する制度として法律で定められています。

この制度によって、再出発への機会が与えられるのです