HOME > サポート体制と費用

サポート体制と費用

大阪任意売却相談センターでは、住宅ローン問題に対するサポート体制を整えております。
住宅ローン問題の解決には、下記ような観点から全体を整えていく必要があります。

 

住宅を売却しなくても、返済能力がある事を前提に法的な手続きができる場合

この場合は、裁判所を通じた手続き(個人再生)を通じて住宅を手放さない問題解決を
選択することができます。もちろん、住宅を手放さない分だけ返済はその後も続きますが、
住宅を確保することができます。 →詳しくは 個人再生 へ 

 

自宅を売却(任意売却)したら、残っている住宅ローンの残債も清算できる場合

この場合は、私的整理で済むことになります。
こうした場合には、金融機関と不動産業者との調整が必要になりますが、不動産業者に相談
して自宅の売却価格の目安を確認し、その前提で金融機関との交渉が必要になります。
金融機関への返済がきちんとできるようであれば、金融機関も抵当権を外してくれる流れと
なりますが、いい加減な交渉では進めることが出来ません。 

 

自宅を売却しても、残債(住宅ローン)が残ってしまう場合

この場合では、金融機関との交渉でいくらで自宅を売却してよいか調整していく必要がある
ほか、不動産業者に自宅を買い取ってもらえるようにしなくてはいけません。

もちろん、売却しても残債が残るので自己破産の手続きをとり、いったんすべての債務をゼロに
しなくてはいけないのですが、競売ではありませんので不動産業者から破産後の引っ越し費用など
融通をきかせてもらえるのが一般的です。詳しくは、任意売却に強い不動産業者様から直接、
ご説明させていただきます。

 

住宅ローン問題を放置していても、なんら解決にはなりません。きちんと最後まで手続きを
進めてシッカリと再起を図りましょう! 

 

お手伝いに関する費用

住宅ローン問題に関するお手伝いの費用は下記からご確認ください。

初回は、完全に無料相談ですので、まずは方向性だけも確認してみてください。