競売とは

競売(けいばい)とは、住宅ローンなどの借金を返せなくなった場合に、債権者が裁判所に申し立てをすることで担保となっている土地や建物などの不動産を裁判所が強制売却してしまうことです。法律用語としては、「けいばい」と読みます。

 

裁判所が委託した不動産鑑定士が、競売物件を調査して定めた価格を最低売却価格を定めます。その価格は、競売物件ということが考慮されてしまうため、一般市場価格の5~7割程度の水準となります。そして競売の実施により市場価格の7~8割前後の価格で落札されるのが一般的です。
競売は、何と言っても売却価格が7~8割ほどに低くなってしまうことが大きなデメリットです。そのため、競売によって住宅を売却しても残債額が多く残ってしまいます。

また、競売は、競売物件として新聞やインターネットに掲載されてしまうため、近隣に知れ渡ってしまう可能性があります。
落札の条件次第では、早急に退去を迫られてしまうこともあります。

 

競売になってしまいそうな場合には、早期段階で専門家に相談しましょう。